浄土真宗本願寺派 真光寺

真光寺本院

真光寺の由来

 山梨県甲州市勝沼町には、聖徳太子伝説に結びついた推古朝の創建を誇る寺万福寺、三光寺があります。

 この万福寺に連なる寺として真光寺もしばらく遅れて推古七年上野山長福寺(天台)として創建されています。その後1715年住職長勝により浄土真宗に改宗、寺号も真光寺と改め、今日に至っています。

 第11世敏秀師は嗣子なく、養子を迎えられて第12世を受け智秀師となって真光寺の法務に就かれるとともに、地域の社会協議会や農協の役員としても広く社会貢献に尽くされ、平成13年春に還浄されてその後、

平成13年 13世 斎藤清龍 師
平成23年 14世 下條英彰 師

に継職されて今日に至っています。

四季を彩る苑内の草木
四季を彩る苑内の草木
真宗門徒が集う真光寺本堂
真宗門徒が集う真光寺本堂

 ご本尊は阿弥陀如来様。本堂天井には季節の花と詩が描かれています(花天井)。本堂前庭には親鸞聖人の旅姿の立像(銅製)が門信徒の手により寄贈され、その門前には〝勝沼のオオイチョウ〟として親しまれて毎年たくさんの実をつけてくれる推定樹齢350年のオオイチョウがあります。

花天井
桃の木と灯篭


◆花天井(※写真はクリックで拡大できます)

花天井
花天井
花天井
花天井
花天井
花天井


この他に真光寺の四季折々の写真があります。
フォトギャラリーもご覧ください。

本堂と庫裡、境内、墓地は桃の畑に囲まれ、桃の季節には山道から寺全体が桃色に染まり、香しい桃の香りに満ちて、自然豊かな果樹の里の寺です。

桃の木
桃の木